スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳世界株式会社

徳川埋蔵金を発見した小川独斗と小川博士が次に行ったのはゲーム作りであった。

電脳世界と現実世界との隔てを極力なくしたことで、よりリアルなゲームの世界へと人々を引きずり込んだ。

人々はみなゲームにのめり込んだが、ある一人の人間だけは電脳世界から抜け出すことが出来なくなった。

その一人とは、高校2年生の村田 明雄であった。彼がゲームから抜け出すことが出来るのか?

小川独斗と小川博士は彼を救うことが出来るのか?

新シリーズ 「電脳世界株式会社」連載スタート‼︎


にほんブログ村←ポチっと押していただけると制作意欲が湧いてきます。
  ↓こちらも押していただけると、さらに制作意欲が増してきます。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

徳川埋蔵金を探せ‼︎

小川家の倉庫を掃除していた小川独斗とその従兄弟である小川博士とその親友の運賀幸が、偶然1枚の手紙を倉庫で見つけた。

そこに書かれていたのは、まことしやかに囁かれている徳川埋蔵金の在り処を示す内容だった。

春休みの宿題で「歴史」について研究してこいと言われた独斗は、この1枚の手紙から隠された徳川埋蔵金を探す冒険に出かけた。

そこで3人が出会ったものは、、、。

新作『徳川埋蔵金を探せ‼︎』は歴史冒険ストーリー。

興味を持たれた方は、是非ご覧下さいm(_ _)m

また『いいね』を押していただけると、制作意欲が湧いてきます。

どうぞよろしくお願い致します。

第2作目

徳川埋蔵金を探せ‼︎』いよいよ連載スタート!

☆リンクフリーです☆


にほんブログ村←ポチっと押していただけると、制作意欲が湧いてきます。

 ↓こちらも押していただけると制作意欲がさらに増します。よろしくお願いしますm(_ _)m

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

ようこそ『ノストラヴェンデッタ』の世界へ

はじめまして。
つぼーのすけと申します。
主にオリジナル小説を書いていきたいと思っておりますが、まだまだブログかつ物書き初心者のためどのように作っていけば良いか悪戦苦闘しております(^_^;)

まずは、記念すべき第1作目
『ノストラ ヴェンデッタ』

どこにでもいるような普通の中学校の教師の一言から始まるこの物語。
様々な個性を持った登場人物が互いに絡み合い、定められたただ一つの運命に導かれて復讐が始まっていく。
果たしてたどり着く先にはどのような事が待ち受けているのか、、、。

興味を持った方は是非ご覧下さいm(_ _)m

第2作目

徳川埋蔵金を探せ‼︎』いよいよ連載スタート!


小川家の倉庫を掃除していた小川独斗とその従兄弟である小川博士とその親友の運賀幸が、偶然1枚の手紙を倉庫で見つけた。

そこに書かれていたのは、まことしやかに囁かれている徳川埋蔵金の在り処を示す内容だった。

春休みの宿題で「歴史」について研究してこいと言われた独斗は、この1枚の手紙から隠された徳川埋蔵金を探す冒険に出かけた。

そこで3人が出会ったものは、、、。

新作『徳川埋蔵金を探せ‼︎』は歴史冒険ストーリー。

興味を持たれた方は、是非ご覧下さいm(_ _)m

また『拍手』を押していただけると、制作意欲が湧いてきます。

にほんブログ村にも参加しております。
ポチッと押していただけると、さらに制作意欲が増します。

どうぞよろしくお願い致します。

☆リンクフリーです☆


にほんブログ村←ポチっと押していただけると制作意欲がさらに増します。

 ↓拍手も併せて押していただけるとさらにさらに意欲が増します。

超能力少年 第16話 混乱

「一体どうすれば良いと言うのだ!」阿部首相が声を荒げていた。
「彼らが何とかしてくれるだろう。」独斗会長は阿部首相に内面を悟られないように声を低くして冷静に応えた。
(いや会長の本心は違う、、、。やつらと対峙するにはまだ早すぎる、、、。僕の力が解放されない限り難しいだろう。)
そう思っている独斗会長の心の声を、僕は知らず知らずのうちに聞いていた。
「でもまだ一週間あるのですよね?それならば僕はどんな過酷な訓練にも耐えます。それが人間、いやこの地球を守る最後の手段なのですよね?僕に運命がかかっているのですよね?会長、、、。」
明らかに動揺を隠せずにいる独斗会長は、返事もままならないまま首を何度も上下に振っていた。

超能力少年 第15話 奴らの正体

僕は悩んだ。奴らの言っていることが本当に正しいのか?
そして、奴らは一体誰なのだろうか?
その時である。
シェルター内にあるたった一つの扉が勢いよく開けられた。
「健ちゃん、騙されてはいけないよ。」
そう言ったのは、赤のフレアスカートに白いブラウスを着た前川 敦子だった。
彼女は人の心や考えを読むことが出来る能力者である。
「やつらは人間のように見えて、人間ではない。地底人よ。」
僕はその意外な言葉に声が出てこなかった。
宇宙人ならありえると思っていたのだが、まさかその逆である地下にいた同じ地球に存在していた地底人だったとは、、、。
「やつらは、太陽の陽を浴びることなく育ってきたので身体が丈夫でなく寿命が10年足らずと短命なの。種族の存命のためには太陽の力が必要だと考えたみたい。健ちゃんに黙っていてごめんなさい。私たちは彼らに対抗するために集められた集団なの。」 
僕の心臓の鼓動が一気に速まってきた。 
なぜだか、彼らのことがそれほど嫌だとは思わなかったからだ。
僕は自分の目から涙が溢れているのをその時ようやく理解した。


にほんブログ村←ポチっと押していただけると制作意欲が湧いてきます。
↓こちらも押していただけると、さらに制作意欲が増してきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。